二日酔いの予防と対策

二日酔いの予防と対策にバツグンに効くマル秘アイテムとは

大量の酒

 

「お酒は飲みたいけど二日酔いは辛い」

 

「昔は二日酔いなんてしなかったのに年をとったらなぜか翌日のお酒の抜けが悪くなった」

 

「飲んだ翌日予定があるから早く二日酔いを治さなければマズイ」

 

このようにお酒を飲む人の多くが抱える悩み、それが二日酔いです。

 

まったくもって自慢できることではありませんが、私自身1年を通してお酒を飲まない日はゼロです。

 

酒

 

たしかに昔はこれでも大丈夫だった。

 

ですが、年を重ねるにつれてなぜか翌日にお酒が残るようになり、頭痛とだるさの伴う二日酔いにうなされるようになりました。

 

そのせいで飲んだ次の日も半分潰れてしまう・・・という感じです。

 

いよいよ40代に突入し、そろそろ健康のことを考えなければならないとは分かっているものの、「No酒、Noライフ」、これが私であるためお酒を止めるつもりはまったくありません。

 

だからこそ、いかに二日酔いにならないか、二日酔いの予防と対策を考えることばかりしてきました。

 

もちろん誰もが知るようなありきたりな二日酔いの対策は全て試してきました。

 

「二日酔いにはウコンが効く」なんてよく言われますが、ウコンなんてまったく効きません!

 

ウコンドリンク

 

コンビニで売られているウコンのドリンクなんて飲む前、飲んだ後、これまでに何本飲んだことか。

 

ウコンドリンクは割高なので、割安なウコンのサプリメントも飲んできましたが、大きな効果を感じたことは私はありません。

 

ウコンサプリ

 

飲む量が少ない人であれば、ウコンドリンクでも効くのかもしれませんが(汗)

 

「飲む前に牛乳を飲んでおくと胃に膜がはるから二日酔いの予防になる」なんて説もよく聞きますが、飲む量が飲む量なのでこんな方法では効果があるはずもありません。

 

飲む前に牛乳飲んで喉を潤すくらいならカラッカラの喉に酒を流しこみたい!というのが私の本音。

 

ちなみに牛乳が二日酔いに効くということに対する医学的な根拠はないそうです。

 

こんな感じで二日酔い対策として以下のようないろいろな方法がたくさん出回っていますが、どれも効果は微々たるもの。

※これらの二日酔い対策は大した効果はありません!

 

  • 水を飲みながら飲めば二日酔いになりづらい
  •  

  • チャンポンしなければ二日酔いにならない
  •  

  • 飲む前に満腹にしておけば二日酔いにならない
  •  

  • 二日酔いは運動して汗をかけば解消する
  •  

  • 果汁100%のジュースが二日酔いに効く
  •  

  • シメのラーメンが二日酔いに効く
  •  

  • 二日酔いに効くツボがあるからそこを刺激する

 

お酒を飲む量、飲む頻度が微々たるものであればこれらの方法も有効なのかもしれません。

 

しかし、全て試してきた私としてはこれらの方法には限界があると言えます。

 

そもそもなぜお酒に酔うのか、二日酔いになるのかというメカニズムを考えてみましょう。

 

※お酒に酔うメカニズムとは

 

  1. ビールでも焼酎でも日本酒でも飲んだアルコールは、その20%が胃で、残りの80%が小腸で吸収される。
  2.  

  3. そのアルコールは数分もすれば血管に入り、全身をめぐっていき、酔いの状態になる。
  4.  

  5. 全身をめぐったアルコールは分解されるわけだが、その一部は汗や尿、呼気によって体外に放出される。
  6.  

  7. しかし、そのほとんどは血管を通って肝臓に運ばれ、肝臓でアセトアルデヒドに分解され、最終的には尿や呼気として体外に放出される。

 

するどい人はお気づきかと思いますが、アルコールの分解はほぼ肝臓しだいというわけです。

 

これが医学的な事実です。

 

先ほど挙げた「水を飲みながら飲めば二日酔いになりづらい」や「チャンポンしなければ二日酔いにならない」などの方法は、たしかに多少の効果はありますが、肝臓とは何ら関係がないため大きな効果がないわけです。

 

逆を言えば、肝機能を高めることこそ二日酔い対策と予防になるということです。

 

肝機能を高めるには

 

単純にレバーやしじみなどが良い言われますが、二日酔い対策のためにそれらを食べるのも手間です。

 

だからこそ、私はお酒を楽しむためにも手軽さ重視で肝機能を良くするサプリメントに絞って試してみることにしました。

 

その結果、私は二日酔いに効く最強のアイテムを発見しました。

 

ハッキリ言ってこれは最強すぎです。

 

二日酔いに効く最強のアイテムとは

 

私がこれそこ最強と自信を持って言えるのが「肝パワーEプラス」というサプリメントです。

 

肝パワーEプラス

 

「肝パワー」という名前からも明らかに肝機能を良くしてくれるのが伝わりますよね。

 

使い方はとても簡単。

 

酔いたくないのなら、飲む前に肝パワーEプラスを飲んでおく。

 

二日酔いになりたくないのなら、飲んだ後に肝パワーEプラスを飲んでおく。

 

飲む前と飲んだ後の両方に肝パワーEプラスを飲めばもう無敵!

 

なぜこんなに効くの?と思うくらい効いてしまうので、最近は二日酔いが怖くなくなり、逆に飲む量が増えてしまいました。

 

ある意味これではマイナスなのですが(汗)

 

ちなみに私はお酒を飲むときしか肝パワーEプラスを飲むことはなく、普段は肝パワーEプラスを飲んでいません。

 

これでもバツグンに二日酔いに効果があるのが肝パワーEプラスです。

 

公式サイトへ

 

 

肝パワーEプラスを注文するとこんな感じです

 

肝パワーEプラス

 

肝パワーEプラスの販売元は、「ステラ漢方」という会社で、ふるさと青汁など原料にこだわった健康食品で有名です。

 

漢方の会社であることが理由なのか、肝パワーをはじめとしたこの会社の商品はやたらと「原材料」を自慢しています。

 

この肝パワーEプラスも、「広島産牡蠣」「長野産ジャンボにんにく」「紀州産南高梅」の3つを主原料としていて、やたらと産地と原料を押しています。

 

肝パワーEプラス

 

事実として、牡蠣、にんにく、梅は栄養価の高い食材として有名であり、それでなお産地にこだわっているからこそこれほど強調しているのだと思いました。

 

これら3つの食材にはいろいろな栄養が含まれているので、何が肝臓に効いているのかは正直なところよく分かりません。

 

牡蠣に含まれる亜鉛やタウリンは肝機能を良くする働きがあり、それが広島産だからなお良く、にんにくに含まれるアリシンは血管を拡張するので代謝が良くなり、それが長野産のジャンボにんにくだからさらに効果は高そうだということは分かります。

 

ですが、正直こんなことは私はどうでもいい。

 

たしかに代謝や肝機能を良くする効能のある成分なのは間違いありませんが、肝パワーEプラスを飲むことで、肝臓が強くなって二日酔いをしないならそれでいい。

 

(原料について興味がある人は公式サイトで詳細を確認してください。)

 

肝パワーEプラスは1ケース15袋入りで、1袋に3粒入っています。

 

肝パワーEプラス

 

使い方はとてもで、酔いたくないのなら飲む前に肝パワーEプラスを1袋3粒飲んでおく、二日酔いになりたくないのなら飲んだ後に肝パワーEプラスを飲んでおく。

 

最強な使い方として、飲む前と飲んだ後の両方に飲んでおく、こうすれば二日酔いになることはまずありません。

 

(尋常じゃない量のお酒を飲む人はどうか知りませんが。)

 

肝パワーEプラス

 

私は二日酔いにはなりたくないが、飲んでいる最中は酔いたいので、肝パワーEプラスを飲んだ後にだけ飲むようにしています。

 

そうすると、お酒の席は楽しくて、寝るまでは酔っぱらい状態だが翌朝はスッキリで朝から活動できるからです。

 

もちろん翌日の夜も気分良くお酒を飲むことができます。

 

これが私にとってベストな二日酔い対策です。

 

感覚的な話になってしまいますが、寝ている間に体が必死にアルコールを分解しようと活動しているように感じます。

 

そのためなのか、お酒に酔った状態で肝パワーEプラスを飲むと、少し体があったかくなったような気がします。

 

そして、時間の経過とともにアルコールが分解され、体温も少しずつ下がっていく感じです。

 

なんと言っても翌朝のスッキリ感がたまりません。

 

こんな感じで肝パワーEプラスは、「No酒、Noライフ」の私には欠かせない最強の二日酔い予防・対策アイテムです。

 

肝パワーEプラス

 

販売元は、健康のために肝パワーEプラスを毎日飲むことを考えてこの商品を作っているようですが、お酒を飲むときだけ肝パワーEプラスを飲んでも効果は絶大です。

 

私は平日、自宅で軽くお酒をたしなむときは肝パワーEプラスを飲みません。

 

週末、飲みに行くときには必ず肝パワーEプラスを持って出かけ、最後シメのお茶漬けかラーメンを食べたタイミングで肝パワーEプラスを飲むようにしています。

 

この使い方は完全に私流ですが、飲めば確実に二日酔いに効くのが肝パワーEプラスです。

 

最強すぎて肝パワーEプラスが手放せない・・・そして肝パワーEプラスのせいで毎晩飲めてしまう・・・むしろこっちが大きな問題かもしれません(汗)

 

公式サイトへ

 

肝パワーEプラス